トップページへ > 仕組みについて
仕組みについて

古本屋さんというのは、それぞれに得意なジャンルというものがあります。ですから、買取をする場合には、自分のお店で扱えるものだけを買い取って、それ以外は買い取らないというお店があるのですね。有名な大手チェーン店の古本屋などは、本というだけで買取をしてくれますが、買取価格が低いというデメリットがあります。でも、専門的に古本屋さんを営んでいる古書店などでは、よっぽど状態がひどいものでない限り、買取をしてくれるお店もあります。

「自分のお店で売らないのに買いとってくれるなんておかしい」と怪しむ人もいるかもしれませんが、古本屋さんには古書組合というものがあり、その組合に加盟している古本屋さんが集まって古本の売買をする市場があるのです。

古本の市場はオークションとスタイルが似ていて、自分のお店で仕入れた本を出品し、それを欲しい古本屋さんが値をつけて落札するという仕組みになっています。だから、自分のお店で扱っていない本のジャンルでも、この組合に加盟している古本屋さんならほかのお店に売れるので問題ないのです。

例えば、専門書しか扱わない古本屋さんに、希少価値の高い写真集を持っていった場合、その古本屋さんは古本市場で売れるので買いとってくれますし、オークション形式で落札されるから、うまくいけば普通の古本屋さんよりも高値で買いとってくれたりします。もし、少しでも高く売りたいのであれば、古書組合に加盟している古本屋さんに買取をお願いするのもいい手かもしれません。

Copyright © 2010 古本買取の比較ランキング . All rights reserved