トップページへ > 自分に合う古本屋
自分に合う古本屋

古本と一口に言っても、いろいろな種類の古本があります。

例えば、推理物や恋愛物などの小説ばかり読む人、エッセイや自伝などノンフィクション系が好きな人、専門書や漫画本など、売りたい古本というのは人それぞれ違います。共通しているのは、出来るだけ高く買い取ってもらいたいということですよね。

もしも、古本屋さんに本を売りたいと思っても、古本屋さんも本の種類と同じように得意なジャンルというものがあります。ですから、古本屋さんが扱っているジャンルの本でなければ、買い取ってもらえなかったり、買い取り価格が安くなってしまったりします。極端な例で言うと、古書しか扱っていない古本屋さんに最新刊の小説を持って行ったり、専門書しか扱わないのにマンガ本を持って行くというのは、割りに合わなくなってしまうということです。

もちろん、オールジャンルの古本を扱っているならば、ほとんどの場合どんな本を持って行っても買い取ってもらえますが、もし、とても貴重だったり希少価値が高い古本であれば、そのジャンルの専門店に売った方が高く買い取ってもらえる可能性があります。いくら古本といっても、絶版になってしまった本などは、定価よりも高く売っている専門店もあったりします。

古本屋さんに本を売るならば、自分が持っている本のジャンルを把握して、そのジャンルに特化している古本屋さんがないかを調べたりすることも大切です。自分に合う古本屋さんを見つけておくと、売買するのに便利なのでお勧めです。

Copyright © 2010 古本買取の比較ランキング . All rights reserved